BarNの呟き

BarN

06-6136-7444

〒530-0002  大阪府大阪市北区曽根崎新地1-11-20 HATBOYBLD4F

営業時間:19:00〜翌4:00 日曜日・祝日定休

ブログ

BarNの呟き

FacebookBlog

2018/05/08 BarNの呟き

dsc_0236

 

皆様お仕事お疲れ様です。

 

さて本日はちょっとかわって

映画のお話です。

 

よく映画には、お酒やカクテルなどが

出てきますね。

中には映画の主人公の名前のカクテルなどもあります。

 

そのなかで、本日はマティーニに

焦点をあててみたいと思います。

 

マティーニといえば

バーテンダーにとっては、店の看板ともいえるほどのカクテルです。

お客様でも、バーテンダーの腕を図るために

気づかれないように何杯か飲まれてからオーダーをするという駆け引きがあるくらいです。(笑)

 

カクテルの王様と言われてるマティーニ、

有名所で007でしょうか。

ジェームズ・ボンドが

“Vodka Martini, Shaken, not stirred”
「ウォッカ・マティーニを。ステアではなくシェイクで」
というセリフを言うのはあまりにも有名です。

 

レシピを変えるだけでなく、作り方も変えた意表を突かれるマティーニに、誰もが驚き、瞬く間に映画の世界と酒呑みの間に広まりました。
更にボンドは『カジノ・ロワイヤル』の中で、後にヴェスパー・マティーニと呼ばれるカクテルをオーダーします。

「ジンとウォッカを3:1、キナリレを1/2をよくシェイクして、シャンパングラスに注ぎ、レモンピールを入れてくれ」

こちらもよくご注文でお聞きしますね。

 

そんななか最近の映画にて

007とおなじ、イギリススパイを題材にした映画があるのですが、

その名も

「キングスマン」

この映画いろいろな作品をオマージュしているんです。もちろん007も(笑)

 

そのなかで主人公スパイがバーテンダーに注文をする場面があるのですが…

“Martini, Gin, not Vodka,Obviously.”
「マティーニを。無論、ウォッカでなくジンで。」

しかも、その後に

「ベルモットは入れず、ボトルを10秒間、かすめ見ながらステアで」

えぇ、まぁあれですね。。

このセリフは

007とイギリス首相をオマージュしているわけですが…

 

だいぶ長くなりましたし

この後もだいぶ長くなりますので

続きはBarにてお話させていただきます(笑)

 

ではでは

本日もBarNにてお待ちしてます!

 

BarN

住所 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-11-20 HATBOYBLD4F
営業時間 19:00〜翌4:00
定休日 不定休
電話番号 06-6136-7444

TOP